読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30からのプログラミング勉強

プログラミングを勉強してIT企業へ就職を目指します!コメント待ってます!

独学の勉強のつらさ

今日は独学のつらさについて考察しようと思います。

 

カナダに来た1ヶ月間語学学校に入らずにひたすら家にこもって英語の勉強をしていました。しかし残念ながら自分の独学の集中力限界時間はおよそ3時間でした。

この3時間でも集中力継続時間が伸びた方だったんですが、頭をフル回転させながらできる時間には限りがあります。

カナダでは運良く真面目に勉強をする日本人や、数学と経済学の学位を持っているブラジル人の教授と巡り合うことができました。

彼らのような勉強をするというスキルに恵まれている人たちでも独学で勉強する時間には限りがあると言われました。 僕の実体験と同じ3時間が限度だと言います。

 

僕は元々勉強をすることが苦手な方なので、浪人生がいかにして自分を律して毎日を過ごしているのか興味がある所です。

 

元々スポーツをしてきたのでスポーツに置き換えて考えると、長時間の運動は怪我のリスクも高まるし、単調な繰り返しの練習は場合によっては悪い癖をつける場合があります。同じ動きを繰り返すことは体の1点にだけストレスが加わることも多く、体の回復も遅いです。

90分だったら90分集中して練習した方が、長時間の練習をダラダラやるよりもとても効率が良いと思います。

 

勉強が頭を使ったトレーニングと考えるのであれば、勉強も時間を区切って集中してやるべきなのかもしれません。
時間が豊富にあるという考えは、時間を無駄にしてしまいがちという理由もあります。

今後は勉強時間をいかに増やすかという考えよりも、限られた時間の中でいかに集中して自分のやるべき勉強をするかという考えに切り替えようと思います。