30からのプログラミング勉強

最近は仮想通貨関連のニュースにはまってます

海外送金を最大限安くする方法①<フィリピン 両替>

今日初めて新たな方法で海外送金に成功したので、情報シェアします。

まず既存の海外送金の方法をまとめようと思います。

 

1、日本円を現金でフィリピンまで持ってくる。

 

 安全性 ☓ コスト ◎ 簡単さ ◎

レートは両替商によりけりですが、一番簡単でコストもそこまでかからないと思いますが、安全性は最も低い方法です。留学期間が長いほどこちらで必要な料金も多くなるため、短期留学生+リスクを許容できる人向けです。

バギオのSMモールと空港のレート、その日のレートを比較してみます。

・4月28日 16:36 マニラ空港

f:id:truestory:20170521164846j:plain

日本円 0.4360 4月28日の為替レート 安値0.446 高値0.453

1万円をペソにした場合  4360ペソ

安値で考えた両替商の手数料 4460ペソ➖4360ペソ=100ペソ

  f:id:truestory:20170521164852j:plain

5月1日 19時20分 バギオ SMモール 
日本円=0.436 1万円を換金すると4360ペソ

5月1日 為替 安値0.4499 高値 0.4505

両替商の手数料(安値で考えた場合) 4499ペソ➖4360ペソ=139ペソ

 

結論

二箇所しか調べてませんが、意外にも空港のほうがレートが良いという計算になりました。

 

2、国際キャッシュカードやクレジットカードの利用

私の使っている新生銀行の国際キャッシュカードだと日本と同じような形でATMからお金を引き出すことができます。 新生銀行の場合4パーセントの事務手数料がかかります。1万円を引き出した時は400円かかります。少額なら悪くない選択肢ですが、かかる手数料はそれだけではありません

VISAの基準レートが設定されています。レートは領収書などにも明示されていないので目に見えづらいです。

手間はかかりますが、国際キャッシュカードよりもクレジットカードのキャッシングを行い、web上で手続きをしてすぐに支払ったほうが手数料は安いそうです。

安全性 ◎ 手数料 ☓ 簡単さ ☓

 

さて、いよいよ本題の海外送金を最大限安くする方法ですが、次の記事にまとめます。